2012.02.10

【シンデレラ】熊川哲也 Kバレエ カンパニー

熊川哲也 Bunkamuraオーチャードホール芸術監督 就任記念

Kバレエ カンパニー『シンデレラ』を観に行ってきました。

豪華絢爛な舞台装置と幻想的で美しい衣裳、

プロコフィエフの流麗な音楽・・・

一流の芸術が見事に溶け合って、

繰り広げられる崇高なファンタジー。

魔法に満ち溢れた劇場で、おとぎ話の世界に迷い込む気分は、最高でした!

妖艶で美しい衣裳デザインは、英国屈指の美術家と言われる、ヨランダ・ソナベンド。

その衣裳デザインは、18世紀半ばから19世紀初めのフォルムを基盤に、

時代を捉えながらも、ヨランダの歴史を見る独特な感覚で、

幻想的なものになったといいます。

素敵な魔法がいっぱいの舞台は、まさに、現代のおとぎの国!

いじめられても、くよくよしないシンデレラは、

空想の世界で遊び、憧れの世界を強くイメージして、

自分を楽しませることができる、芯の強い女性です。

だからこそ、幸運を摑みとることができたのです。

強くイメージして夢見たものは、現実になる!

魔法の杖は、ひとりひとりの心の中にあるのよ!

おとぎ話の中に込められたメッセージが、

言葉のない世界の中で、美しく浮かび上がってきました。

熊川マジックに魅せられた夜・・・

眠っていた夢を、もう一度、形にしたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

日経ウーマンオンラインで紹介していただきました!

日経ウーマンオンライン・クリスマス特集の、

『クリスマスカード簡単手作り講座』を、担当させていただきました。

日経ウーマンオンライン

heart01~おうちでのんびりクリスマス~heart01

『クリスマスカード簡単手作り講座』

★マスキングテープとシールで作る簡単カード

★サンタのシンプルクリスマスカード

★ほっこりフェルトモチーフが揺れるカード

★聖夜のクリスマスカード

★プレゼントを待ち焦がれる子供部屋の飛び出すカード

★番外編 パーティーで大注目される手作りコップ

・・・クリスマスカードのオンライン手作り講座ですxmas

とても素敵な画像にしていただき、感激しました!

『日経ウーマンオンライン・クリスマス特集』には、

★女子会を華やかに彩るクリスマスケーキ

★シャオロンのフェルト人形手作り講座

★川島蓉子さんセレクト!クリスマスに贈りたい ミニプレゼント

・・・など、役立つ情報がいっぱいです。

ぜひ、アクセスしてみてくださいね!

日経ウーマンオンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.30

ブーツマニアの次男が雑誌に掲載されました!

雑誌”Lightning”200号記念特大号のブーツ特集に、

ブーツが大好きで、レッド・ウィングのエンジニアブーツを、

毎日のように履いている次男が、掲載されました!

いつのまにか、私の知らないファッションの世界を、

いろいろ教えてくれる、頼もしい存在に成長!!!

これからも、自分の好きな世界を、どんどん追求してほしいなと、

願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.09

ソニー・ロリンズ”80歳記念”ツアー2010

ソニー・ロリンズ”80歳記念”ツアーは、

10月7日、東京国際フォーラムで開催されました。

50年以上も、ジャズ・サックスの巨匠として、世界中のファンに愛され続けている、

ソニー・ロリンズ!

ジャズ界の巨匠の2年ぶりの来日公演は、

迫力ある演奏に酔いしれた、贅沢なひとときとなりました。

年齢を感じさせない、圧倒的な演奏は、いつまでも聴いていたい心地よさ・・・。

本物の音楽は、やはり、魂を揺さぶるパワーを持っていました。

年齢を重ねても、なお、真摯に演奏に取り組む姿は、神々しく、

授かりものをいただいたような気がしました。

素晴らしい音楽の贈り物を、ありがとうございます!!!

神技のような演奏を、また、ライブで、聴きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.12

勝間和代さんと握手♪

先日、参加したディスカバー21のパーティーで、

勝間和代さんに握手していただきました。

パーティーは、ディスカバー21で出版された著者のみなさんのスピーチ、

生バンド演奏、お楽しみ抽選会など、盛りだくさんの内容でした。

生バンド演奏コーナーでは、勝間和代さんが、『木綿のハンカチーフ』を

熱唱する場面も!

また、著者のみなさんから提供されたプレゼント抽選会では、

一緒に参加したTさんが、なんと、帽子の大当たり!!!

帽子は、超訳ニーチェの言葉の白取春彦氏からのプレゼントでした。

白取春彦氏は、ご自身も、素敵な帽子をかぶられて、とってもダンディーな方でしたよ。

パーティー会場では、Mさんという素敵な方との出会いもあり、

パーティーが終わった後、3人で、恵比寿のレストランに行き、

祝杯をあげました。

本が繋げてくれた、いろいろなご縁・・・。

読書の楽しみは、こんなところにも、潜んでいるんですね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.29

ビージー・アデール 『マイ・ピアノ・ロマンス』

東京・丸の内 コットンクラブで開催された、

ビージー・アデールさんの公演に行ってきました。


コットンクラブ BEEGIE ADAIR- Show Case Live -


ビージー・アデール「マイ・ピアノ・ロマンス」リリース記念 ショーケース・ライヴ


ロマンティック・ピアノの最高峰と言われている、

ビージー・アデールさんのエレガントな演奏の数々・・・。


ビートルズ、フランク・シナトラ、エルビス・プレスリーなど、

誰でも知っている名曲を優雅に演出したジャズ・アレンジは最高でした!


気品溢れる生演奏を聴いていると、様々な思い出がよみがえり、

大人になった喜びを心から実感できる、幸せな気分になりました。


あれから、日本でのデビューアルバム『マイ・ピアノ・ロマンス』を、

毎日のように聴きながら、ジャジーな夜の余韻に浸っています。


現在、72歳の、ビージー・アデールさんは、 60歳にしてその実力が認められ、

12年間で24タイトルの名曲カヴァー・アルバムをリリースしたそうです。


日本では、まず、銀座で人気に火が付き、

輸入盤のトータルセールスが10,000枚を突破して、話題になりました。


そんなビージー・アデールさんの生演奏を聴くことができ、

ほんとうにラッキーだったと思います。


大人の時間を贅沢な空気で包んでくれるジャズの魅力に、

これから、ますますはまりそうな予感がします・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.17

10万アクセス達成しました!

ご訪問、ありがとうございます!!!

 「カトルカール☆ハンドメイドダイアリー」で、

10万アクセスを達成することができました。

よろしかったら、ご覧くださいねheart04

http://plaza.rakuten.co.jp/quarts7/

これからも、どうぞよろしくお願いします!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

初めてのニューヨーク・5

Ny_089_1 翌日は、ダウンタウン北部にあるチェルシーへ行きました。19世紀には高級住宅街だったというこの界隈、レンガ造りの建物が多く、歴史を感じさせる街並みでした。ちょうど花盛りの季節・・・桜の一種らしいのですが、白い花が見事でした。

この街のお目当ては2つ!チェルシーマーケットとギャラリー街です。途中、毎週末開催されているというフリーマーケットに立ち寄り、アクセサリーや雑貨などを見ながら、のんびりと歩きました。それから、映画「レオン」にも登場したチェルシーホテルを眺めたり、ウィリアムズ・ソノマで買い物をしたりと、楽しく散策しながら、チェルシーマーケットに到着しました。

チェルシーマーケットは、ナビスコの工場跡に作られた食品マーケットです。新鮮な野菜や果物、クッキーやチョコレートなど、20軒くらいのお店がずらりと並んでいました。シーフードスープやジェラートなど、おいしそうな物がたくさんあったのですが、スターバックスでベーグルを食べた後だったので断念・・・もう少し我慢していればよかったと後悔しました。

その後、チェルシーのギャラリー街へ行きましたが、お休みの所が多く、窓から覗いて(!)作品鑑賞しました。斬新なデザインのコムテ・ギャルソンのショップや正座をしてくつろぐ(?)カフェなど、ユニークなお店が点在していました。

それから、イエローキャブに乗り、ニューヨークの最新スポット「タイム・ワーナー・センター」へ。ツインタワーの塔内には、ショッピングモールやジャズホールなどが入っており、たくさんの人たちで賑わっていました。私たちも、本やCDなどをチェックして、再び、5番街へ行き、たっぷり街歩きを楽しんだ後、ホテルに戻りました。

短い旅も終わりに近づき、ホテルの窓からニューヨークの夜景を見下ろす最後の夜・・・。雑多で異人種がひしめき合っている街、ニューヨーク!この街で暮らすパワーは、私にはないけれど、刺激的で魅力的なこの街にもう一度帰ってきたいと強く思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

初めてのニューヨーク・4

Ny_067_1それから、 ガイドツアーはステンドグラスの美しい聖ヨハネ寺院に立ち寄り、ハーレム、ミュージアム街を車窓から眺めながら、ヒルトンホテルに戻り、解散となりました。

こうしてニューヨークの名所をひと通り押さえた後、次は、フリーのお楽しみタイム!まずは、Tさんが事前に調べてくださったセレクト・ガイドを見ながら、ビーズ&布地屋さんへ・・・。わくわくしながら、素敵なたからもの探しに出かけたのですが、土曜日だったからでしょうか?クローズしているところが多く、残念!

気を取り直して、世界の一流ブランドが集まる5番街を目指しました!ミッドタウン50丁目周辺からアップダウン70丁目周辺まで、平行する2つのストリートには、人気ブティックがぎっしり立ち並んでいます。ハイクラスのウィンドウディスプレイを眺めながら、ちょっとセレブ気分(!)で歩きました。(笑)

そうして一日中動き回り、もう足がガクガク!操り人形みたいなかっこうで歩いていたのですが、途中で我慢できなくなり、イエローキャブに乗って、何とかホテルまでたどり着いたのでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

初めてのニューヨーク・3

Ny_045_1 その後、サウス・ストリート・シーボードへ・・・。大きな帆船を見上げていると、黄金時代の港の風景がよみがえってきました。でも今は、多くの人たちがショッピングを楽しむ現代的な複合施設になっています。私たちも、ビュッフェスタイルのお店を選び、ここでランチタイムにしました。こちらのサウス・ストリート・シーボードのデッキからブルックリン橋が一望できます。最高に美しい眺めでした。

それからまたバンに乗り、国連本部やカーネギーホールを通り、ミッドタウンを抜け、高級住宅街アップダウンにあるダコタ・ハウスに到着しました。あのジョン・レノン 最後の場所・・・。今でも、オノヨーコさんは、こちらに住んでいらっしゃるそうです。ここから歩くとすぐにセントラルパークがあり、ストロベリーフィールズの標識をたどっていくと、イマジンの碑が見えました。きれいな花が並べられた碑のまわりに、たくさんの人たちが集まっていました。ビートルズファンなら一度は訪ねたい神聖な場所・・・。

Ny_053_2 イマジン・・・想像してごらん 国のない世界を 所有のない世界を すべての人が 世界を分け合っている様子を・・・

世界はひとつ!ジョンの短い一生を惜しみながら、メッセージがいつまでも色褪せることのないように、子供たちに伝え続けなければと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)