« 2011年4月13日 | トップページ | 2012年6月1日 »

2012.02.10

【シンデレラ】熊川哲也 Kバレエ カンパニー

熊川哲也 Bunkamuraオーチャードホール芸術監督 就任記念

Kバレエ カンパニー『シンデレラ』を観に行ってきました。

豪華絢爛な舞台装置と幻想的で美しい衣裳、

プロコフィエフの流麗な音楽・・・

一流の芸術が見事に溶け合って、

繰り広げられる崇高なファンタジー。

魔法に満ち溢れた劇場で、おとぎ話の世界に迷い込む気分は、最高でした!

妖艶で美しい衣裳デザインは、英国屈指の美術家と言われる、ヨランダ・ソナベンド。

その衣裳デザインは、18世紀半ばから19世紀初めのフォルムを基盤に、

時代を捉えながらも、ヨランダの歴史を見る独特な感覚で、

幻想的なものになったといいます。

素敵な魔法がいっぱいの舞台は、まさに、現代のおとぎの国!

いじめられても、くよくよしないシンデレラは、

空想の世界で遊び、憧れの世界を強くイメージして、

自分を楽しませることができる、芯の強い女性です。

だからこそ、幸運を摑みとることができたのです。

強くイメージして夢見たものは、現実になる!

魔法の杖は、ひとりひとりの心の中にあるのよ!

おとぎ話の中に込められたメッセージが、

言葉のない世界の中で、美しく浮かび上がってきました。

熊川マジックに魅せられた夜・・・

眠っていた夢を、もう一度、形にしたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月13日 | トップページ | 2012年6月1日 »